婚約指輪、その意味!結婚指輪と何が違うの?

婚約指輪が持つ意味とは…

婚約指輪は英語でengagement ring、婚約が成立した証として男性から女性へ送る指輪のことを言います。婚約指輪を贈る習慣は欧米から伝わったものでその起源は古代ローマ時代と言われています。指輪のまるい輪はとぎれることのない愛を示し、魔を防ぐのです。男性から女性に渡すのは、男性からの永遠に変わることのない愛や保護を意味するといいます。ヨーロッパ等では魔除けとなり幸運をもたらすという古来からの伝説にのっとり、ダイヤやサファイヤ、ルビーやエメラルドといった誕生石を送ることが多いです。日本ではダイヤモンドの指輪が人気であり、婚約指輪として出回っています。ダイアモンドは最も硬く透明度の高く、絆の堅さと愛の純粋さを表していると言われています。

結婚指輪と婚約指輪の違いって何?

日本では予算の問題等により、婚約指輪を購入しないカップルもいます。婚約指輪は二人の愛の証なら、結婚指輪は二人が結婚した証として二人で身につけるものです。結婚指輪は結婚後の日常でも身につけるため、結婚式で新郎新婦が互いに交換する指輪でプラチナや金のシンプルなデザインのものをよく見かけます。指輪をつけることが許されない職場でも、結婚指輪は例外で身につけることができます。婚約指輪は結婚式までは左手につけ、結婚式の当日に右手の薬指に婚約指輪をうつして左手の薬指に結婚指輪をはめてもらいます(新郎にはめてもらいます)。そして挙式後に、右手の婚約指輪を左手の薬指の結婚指輪の上につけるというのが装着の順番だそうです。婚約指輪は愛の証で愛を誓った人がいるということを表し、結婚指輪は結婚していることを周囲に対して表すといったそれぞれの意味や役割があるのですね。